このエントリーをはてなブックマークに追加


SHIELD QT v3 ウォレットの残高がおかしくなった時の対処方法

Windows版の SHIELD QT v3 ウォレットの残高がおかしくなったので、
-rescanオプションにより復旧できましたので、以下の操作手順を記します。
本操作は、SHIELD QT ウォレットが起動していない状態で実施してください。
使用した SHIELD QT ウォレットのバージョンは、v3.0.3.0になります。
本操作により、復旧できるかどうかは保証いたしません
本操作実施前に、ウォレットのバックアップは必ず取得してください。

01.png

スポンサーリンク

-rescanオプションを使用した理由

他の仮想通貨のQTウォレットだと、デバックウィンドウのコンソールで、
repairwalletコマンドを実行すると復旧できることが多いのですが、
repairwalletコマンドがありませんでした

02.png
 
03.png
 

-rescanオプションありでウォレットを起動する手順

以下の手順で-rescanオプションをつけてshield-qt.exeを起動することができます。
以下の操作はコマンドプロンプトが苦手な方でもできるような手順になっています。

  1. エクスプローラーを起動し、shield-qt.exeがあるフォルダに移動します。
  2. &color(red){赤}のラインのように cmd と入力し、Enterキーを押します。
    11.png
     
  3. コマンドプロンプトがされます。
    shield-qt.extがあるディレクトリになってます。
    12.png
     
  4. 以下の構文を入力してEnterキーを押します。
    shield-qt.exe -rescan
    13.png
     
  5. SHIELD QT v3 ウォレットが起動したらコマンドプロンプトのウィンドウを閉じてもかまいません。
     
  6. 以下のキャプチャーの通り、再スキャンが行われます。
  7. 再スキャンは時間がかかりますので、しばらく待ちます。
    21.png
     
  8. 再スキャンが終われば、ウォレットの残高が正常な値に復旧してるかもしれません。

以上、SHIELD QT v3 ウォレットで残高がおかしい場合の復旧手順を記しました。


スポンサーリンク

添付ファイル: file21.png 15件 [詳細] file13.png 9件 [詳細] file12.png 12件 [詳細] file11.png 20件 [詳細] file03.png 14件 [詳細] file02.png 13件 [詳細] file01.png 5件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-01 (月) 10:15:54 (70d)