このエントリーをはてなブックマークに追加


PowerShellでCoinExchange.ioのgetmarketsummary APIにアクセスしてみる

GetMarketSummaries(getmarketsummaries) APIでは、すべての通貨ペアのサマリ情報が表示されました。
今回は通貨ペアを特定するMarketIDを指定して、指定した通貨ペアのマーケットサマリ情報が取得できるgetmarketsummary APIについて記します。

GetMarketSummaries(getmarketsummaries) APIについては、以下の記事を参考にしてください。


CoinExchange.io へのリンク

CoinExchange.io

追記

  • 2018/7/5
    「サーバーによってプロトコル違反が発生しました. Section=ResponseHeader Detail=CR の後には LF を指定しなければなりません。」
    が出力されるようであれば、以下リンク記事を参考にしてください。
  • Section=ResponseHeader Detail=CR の後には LF...の対処方法

関連資料・記事

getmarketsummary APIをブラウザでアクセスしてみる

以下のURLは、XSH/DOGEペアのサマリが表示されます。(2018/6/6確認)
https://www.coinexchange.io/api/v1/getmarketsummary?market_id=705

01.png
 

ちなみにmarket_idを指定しないとエラーが返却されました。

02.png

MarketIDの一覧を取得する

getmarketsummary APIにはmarket_idにMarketIDを指定しないと動作しません。
このMarketIDの一覧は getmarkets APIで取得できます。
以下、実際に取得する手順を記します。

getmarkets APIに関しては以下の記事を参考にしてください。

  1. PowerSehllを起動します。
  2. 以下のように入力し実行すると、$markets.resultにCoinExchange.io のマーケット一覧が格納されます。
    セキュリティプロトコルをTLS1.2に指定します。
    PS C:\> [Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [Net.SecurityProtocolType]::Tls12
    PS C:\> $getmarkets_url = "https://www.coinexchange.io/api/v1/getmarkets"
    PS C:\> $markets = Invoke-RestMethod -UseBasicParsing $getmarkets_url
  3. 変数$marketsにgetmarkets APIが返却した内容が格納されています。
    PS C:\> $markets
    
    success request            message result
    ------- -------            ------- ------
    1       /api/v1/getmarkets         {@{MarketID=18; MarketAssetName=Litecoin; MarketAssetCode=LTC; MarketAssetID=2; M...
  4. 829個の情報が格納されているのが確認できます。
    また、一番最初の配列に格納されている情報を表示してみます。
    PS C:\> $markets.result.Count
    829
    PS C:\> $markets.result[0]
    
    
    MarketID         : 18
    MarketAssetName  : Litecoin
    MarketAssetCode  : LTC
    MarketAssetID    : 2
    MarketAssetType  : currency
    BaseCurrency     : Bitcoin
    BaseCurrencyCode : BTC
    BaseCurrencyID   : 1
    Active           : True
  5. 先頭から10行表示してみます。
    PS C:\> $markets.result | Format-Table | Select-Object -First 10
    
    MarketID         MarketAssetName  MarketAssetCode  MarketAssetID    MarketAssetType  BaseCurrency     BaseCurrencyCode BaseCurrencyID             Active
    --------         ---------------  ---------------  -------------    ---------------  ------------     ---------------- --------------             ------
    18               Litecoin         LTC              2                currency         Bitcoin          BTC              1                            True
    19               Unobtanium       UNO              3                currency         Bitcoin          BTC              1                            True
    20               Syscoin          SYS              5                currency         Bitcoin          BTC              1                           False
    21               Dogecoin         DOGE             4                currency         Bitcoin          BTC              1                            True
    22               Kobocoin         KOBO             6                currency         Bitcoin          BTC              1                            True
    23               Bitz             BITZ             7                currency         Bitcoin          BTC              1                           False
    24               Digitalcoin      DGC              8                currency         Bitcoin          BTC              1                            True
    25               Megacoin         MEC              9                currency         Bitcoin          BTC              1                            True
    PS C:\>
    一番左側にMarketIDが表示されています。
    実際に、XSH通貨ペアのMarketIDを検索した例が以下です。
    PS C:\> $markets.result | Format-Table | Out-String -Stream | Select-String XSH
    
    704      Shield                      XSH             532           currency        Bitcoin         BTC              1                True
    705      Shield                      XSH             532           currency        Dogecoin        DOGE             4                True
    706      Shield                      XSH             532           currency        Ethereum        ETH              70               True

MarketIDが特定できたので、market_idに値を指定しマーケット一サマリを取得してみる

上記の操作により、MarketIDが取得&特定できたので、getmarketsummary APIを呼び出してみます。

以下の例はXSH/ETHになります。

PS C:\> [Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [Net.SecurityProtocolType]::Tls12
PS C:\> $getmarketsummary_api = "https://www.coinexchange.io/api/v1/getmarketsummary"
PS C:\> $market_id = 706
PS C:\> $response = Invoke-RestMethod -UseBasicParsing "${getmarketsummary_api}?market_id=${market_id}"
PS C:\> $response.result


MarketID       : 706
LastPrice      : 0.00004701
Change         : -11.29
HighPrice      : 0.00006440
LowPrice       : 0.00004701
Volume         : 2.82678779
BTCVolume      : 0.22518192
TradeCount     : 37
BidPrice       : 0.00004260
AskPrice       : 0.00005400
BuyOrderCount  : 96
SellOrderCount : 432
03.png

HTTPステータスなどを一緒に取得したい場合はInvoke-WebRequestコマンドレットを利用する

上記では、Invoke-RestMethodにてJSONをPowerShellで扱いやすい状態に変換してくれますが、
Webサーバから返却された値を変換せずに取得したい場合は、Invoke-WebRequestコマンドレットを使用します。
また、取得後にJSONをPowerShellで扱いやすいオブジェクトに変換するには、ConvertFrom-Jsonコマンドレットを使用します。
以下に実行例を記します。

  1. Invoke-WebRequestで以下のように取得しました。
    PS C:\> [Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [Net.SecurityProtocolType]::Tls12
    PS C:\> $XshEth = "https://www.coinexchange.io/api/v1/getmarketsummary?market_id=706"
    PS C:\> $response = Invoke-WebRequest -UseBasicParsing $XshEth
    PS C:\> $response
    
    
    StatusCode        : 200
    StatusDescription : OK
    Content           : {"success":"1","request":"\/api\/v1\/getmarket","message":"","result":{"MarketID":"706","LastPrice":"0.00004701","Change":"-11.29","
                        HighPrice":"0.00006440","LowPrice":"0.00004701","Volume":"2.82678779...
    RawContent        : HTTP/1.1 200 OK
                        Connection: keep-alive
                        x-frame-options: SAMEORIGIN
                        Content-Length: 338
                        Cache-Control: no-cache
                        Content-Type: application/json
                        Date: Wed, 06 Jun 2018 15:16:28 GMT
                        Set-Cookie: vis...
    Forms             :
    Headers           : {[Connection, keep-alive], [x-frame-options, SAMEORIGIN], [Content-Length, 338], [Cache-Control, no-cache]...}
    Images            : {}
    InputFields       : {}
    Links             : {}
    ParsedHtml        :
    RawContentLength  : 338
  2. HTTPステータスやContent-Typeを簡単に取得することができます。
    PS C:\> $response.StatusCode
    200 
    PS C:\> $response.Headers.'Content-Type'
    application/json
  3. ConvertFrom-Jsonを使ってみます。
    PS C:\> $json = ConvertFrom-Json($response.Content)
    PS C:\> $json
    
    success request           message result
    ------- -------           ------- ------
    1       /api/v1/getmarket         @{MarketID=706; LastPrice=0.00004701; Change=-11.29; HighPrice=0.00006440; LowPrice=0.00004701; Volume=2.82678779; ...
    
    PS C:\> $json.result
    
    
    MarketID       : 706
    LastPrice      : 0.00004701
    Change         : -11.29
    HighPrice      : 0.00006440
    LowPrice       : 0.00004701
    Volume         : 2.82678779
    BTCVolume      : 0.22518192
    TradeCount     : 37
    BidPrice       : 0.00004260
    AskPrice       : 0.00005397
    BuyOrderCount  : 96
    SellOrderCount : 435

Webの応答を読み取っています。(Waiting for response)を非表示にする方法

上記のコマンドレットを実行すると、APIサーバとのやり取りのプログレスメッセージが表示されます。

09.png

これを非表示にしたい場合は、以下のようにしてください。

非表示にするには、$ProgressPreferenceにSilentlyContinueを設定します。
変更前は以下のように Continue が設定されています。

PS C:\> $ProgressPreference
Continue

非表示にするには、以下のように変更します。

PS C:\> $ProgressPreference = "SilentlyContinue"

以上、PowerShellを使って、coinexchang.io.html is not found or not readable.の getmarketsummaryとgetmarkets APIを使って通貨ペアのマーケット情報を取得する操作例でした。


CoinExchange.io へのリンク

CoinExchange.io

添付ファイル: file03.png 6件 [詳細] file02.png 8件 [詳細] file01.png 3件 [詳細] file09.png 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-07 (木) 00:27:32 (76d)