このエントリーをはてなブックマークに追加


coincheckの板情報APIのサンプルコード(PHP)

当サイトに記載されている会社名、製品名などは一般に各社または団体の商標または登録商標です。
当サイトの資料により直接的および間接的障害が生じても一切責任を負いません。
あらかじめご了承ください。


PHPを使って Coincheck の板情報APIの使用例を以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

ブラウザで板情報APIを呼び出してみる

public APIなので Coincheck に取引口座を開設していなくても使用することができます。

板情報のAPI仕様(Coincheck APIページから抜粋)
https://coincheck.com/ja/documents/exchange/api#order-book

板情報
板情報を取得できます。

HTTP REQUEST
GET /api/order_books

RESPONSE ITEMS
asks 売り注文の情報
bids 買い注文の情報

板情報APIを試してみた結果、asks, bids の情報が400件(asks200件、bids200件)返却されました。

ブラウザで板情報を取得する

GETなのでブラウザで板情報を取得することができます。
以下のようなURLになります。
https://coincheck.com/api/order_books

ブラウザで板情報APIにアクセスした結果

以下ブラウザから上記URLにアクセスしたときの出力です。

  • Firefox ver56.0
    JSONが整形され表示されています。
    見やすいですね。
    (生データをクリックすると上記同様にJSON形式の返却された文字列が表示されます。)
    01.png

PHPで板情報APIを呼び出してみる(サンプルソース)

PHPのサンプルソースは以下のようになります。

<?php
// API doc : https://coincheck.com/ja/documents/exchange/api#order-book
// API url : https://coincheck.com/api/order_books

// order book api url
$coincheck_api_url  = "https://coincheck.com/api/order_books";

// proxy settings
$proxy      = "";
$proxy_port = "";

$curl = curl_init();
if ($curl == FALSE) {
    fputs(STDERR, "[ERR] curl_init(): " . curl_error($curl) . PHP_EOL);
    die(1);
}

// curl set options
curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $coincheck_api_url);
curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, TRUE);
// set proxy server settings
if (!empty($proxy) && !empty($proxy_port)) {
    curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPPROXYTUNNEL, 1);
    curl_setopt($curl, CURLOPT_PROXY, $proxy . ":" . $proxy_port);
    curl_setopt($curl, CURLOPT_PROXYPORT, $proxy_port);
}

// call order book api
$response = curl_exec($curl);
if ($response == FALSE) {
    fputs(STDERR, "[ERR] curl_exec(): " . curl_error($curl) . PHP_EOL);
    die(1);
}
curl_close($curl);

// json decode
$json_decode = json_decode($response, true);
if ($json_decode == NULL) {
    fputs(STDERR, "[ERR] json_decode(): " . json_last_error_msg() . PHP_EOL);
    die(1);
}

// output json_decode
//print_r($json_decode);

// output order_book
print("-------- asks --------\n");
foreach ($json_decode['asks'] as $key => $value) {
    if ($key > 10) { break; }
    printf("%.1f : %.8f\n", $value[0], $value[1]);
}
print("-------- bids --------\n");
foreach ($json_decode['bids'] as $key => $value) {
    if ($key > 10) { break; }
    printf("%.1f : %.8f\n", $value[0], $value[1]);
}

exit(0);

実行例

上記のPHPサンプルソースを実行してみます。
返却されたjsonをjson_decode()で連想配列に格納しています。
上記でも記しましたが、asks200件、bids200件が返却されるので、foreachを使ってasks10件、bids10件を表示するようになっています。

$ php order_books.php
-------- asks --------
818998.0 : 0.19999976
818999.0 : 0.27154870
819000.0 : 2.15247047
819034.0 : 3.59900000
819112.0 : 0.51058654
819269.0 : 0.01000000
819540.0 : 0.30000000
819652.0 : 0.03910311
819790.0 : 0.28500000
820000.0 : 0.00510000
820011.0 : 0.00500000
-------- bids --------
818822.0 : 0.01500000
818818.0 : 0.08369992
818813.0 : 0.00500000
818705.0 : 0.01500000
818655.0 : 0.05000000
818647.0 : 0.00800000
818642.0 : 0.02626427
818614.0 : 0.00500000
818600.0 : 0.10000000
818550.0 : 0.60000000
818455.0 : 0.30000000

BTCの板情報が返却されます。

以上、 Coincheck のpublic APIである板情報APIのブラウザによるアクセスとPHPによる板情報呼び出しのサンプルコードの記事でした。


スポンサーリンク

添付ファイル: file01.png 64件 [詳細] fileorder_books.php.zip 15件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-26 (日) 16:56:12 (353d)